不動産仲介料

不動産仲介料

いまはある程度の賃貸物件を探す場合、不動産会社などに連絡して、物件を見せてもらうことがほとんどでしょう。

 

 

 

そしてその中で自分が気にいって、なおかつ支払える範囲の家賃のところを探します。
オーナーと借り主との間にたって、契約のあれこれやアドバイス、賃貸契約を結ぶお手伝いをしてくれるのが不動産仲介業です。

 

 

 

基本的にはその値段は家賃の1ヶ月分くらいとされています。そして礼金は、オーナーさんに感謝の気持ちを含めてのお礼金なので、ほぼ戻ってくることは少ないです。でも敷金は退去時にとくに問題がなければ返却されるようです。不動産業者にその辺りのこともしっかりきいておけば、入居時も退去時もスムーズです。

 

 

 

もしすべて自分でオーナーさんを回って部屋を借りる交渉をしていたら非常に時間も手間もかかるし、いまは借り手を探すのに不動産会社にすべて委託しているオーナーさんが普通ですので、やはり効率よく探すには、不動産仲介者を通して部屋を探した方がいいものです。

 

 

 

しかしあまりに法外な仲介料を求められるケースはこの限りではなく、宅建業者報酬規定などに定められた金額以上のものを求められたらそのまま支払う必要はありませんので、その旨しっかりと意思表示をすれば大丈夫です。

 

 

 

家賃によってもその支払い額が違ってくるので、高級な物件ならやはりその分、仲介手数料も多くなるということで、そうなると高級物件を紹介する場合は仲介業者の腕の見せ所ということになります。