日本人の住宅所有願望の起源。

日本人の住宅所有願望の起源。

日本でも縄文時代には「竪穴式住居」の建設が盛んになっておりましたが、これが現代人の住居に対する習慣を決定づけたと考えられます。

 

さて、日本での最古の住宅の遺跡としては青森県の「三内丸山遺跡」が挙げられますが、この縄文時代の住居では既に現代の建築学から見てもかなり高度の建築知識を持った指導者がいたと考えられております。

 

後の弥生時代には南方系の「高床式住居」が日本の風土に合っている事で造られます。

 

 

 

縄文時代の「竪穴式住居」の工法は江戸時代の一部の用途では使われておりましたが、これらの卓越した建築様式は主として神社仏閣や時の為政者のための築城に限られておりました。

 

鎌倉時代や室町時代でも庶民の住居は縄文時代の竪穴式と余り変わらないものであったようで土間にムシロを敷いた生活であったようです。

 

当時の一番の都であった京都でも板の間で睡眠をとっていたのっですから、田舎の庶民の暮らしは縄文時代や弥生時代と大きな差が無かったと考えられます。

 

 

 

この様な住宅の時代が日本の歴史に於いて長かったのですので、一般庶民が畳や布団に寝むれる時代はかなり近代に近くなってからの事になります。

 

日本建築の技術発展とは裏腹に一般庶民の住宅はお粗末で、快適性や機能性を目的に庶民の生活を豊かにするような住宅建築の思想は明治維新後の近代になるまでは、殆ど無いに等しいと言えました。

 

 

 

第二次世界大戦が終わりを迎えて占領国である余りかの民主主義思想が導入されて、初めて庶民にも豊かに暮らす権利がある事に目覚めたのが現代の住宅に対する考え方になってきました。

 

日本人は長い間にわたって庶民は快適な住宅に住む事が出来ませんでした事が「自分たちの住宅を所有したい。」という願望になっていったのかも知れません