ローンを持たない生活

ローンを持たない生活

人生でもっとも高い買い物であると言われる住宅ですが、この先数十年のローンを組むことによって終の住処を手に入れるか、そういったプレッシャーなしで一生賃貸に住むと決めて他のことに、例えば子供がいるなら子供の教育費にお金をかけるとか、趣味にお金をつぎ込むとか、そういったことでより自分の生活のクオリティをあげるという2つの選択があります。

 

 

 

両方手に入れることができるラッキーな人もいるかもしれませんが、あまり多いケースではないでしょうね。でもローンを持たない生活によってもたらされるメリットは多く、余計な管理費や固定資産税などの負担もなく、その上もし会社から住宅手当が支給されるようであれば、より家賃負担も少ないです。

 

 

 

もっとも節約派の住まいとして社宅がありますが、それも利用できるのは独身のうちであることが多いので、多かれ少なかれ結婚したら退出、もしくは既婚でも入ることができる社宅ならかなり住居代を節約することができますね。

 

 

 

そして賃貸でもそうした会社からの補助があればローンはないし、定年するまで十分に資金を蓄えておくことができます。

 

 

 

気分的にも資金があればちょっと余裕を感じるのではないでしょうか。しかしもし毎月の支払いに苦しんでいるようであれば、なかなか気分的にもタフな数十年になってしまうことは予想がつきます。

 

 

 

プレッシャーにさらされるのはどんな方でもあるかと思いますが、それでも賃貸ならば多少は気楽な面もありますね。