賃貸マンションの人気について

不動産物件の見極め方

不動産物件は、もし中古の場合以前の入居者や持ち手の住まい方によって価値が大幅に左右されます。

 

 

 

近年問題になっている「事故物件」は、中で自殺・事件・心理的瑕疵用件(転倒など)が起きてしまった物件を指しますが、次の入居者に対して不動産管理会社が告知する義務があります。

 

 

 

入居が決まった物件の家賃や価格に疑問点を持った場合、不動産会社によく確認しておきましょう。また、様々な不動産物件を見る目を鍛えるため、宅地建物取扱主任者などの資格を取得してみるのも勉強になります。

 

 

 

物件の取扱には法規があるため、それに強ければ何かと頼りにされること間違いなしです。取得後は、不動産会社への転職の道も開かれます。国家資格なのでメリットも大きいですね。

 

貸し会議室を使おう!http://www.officetokyo.net/