契約について

契約について

不動産の賃貸契約においては、やはりそういった専門業者、不動産仲介者のいる物件のほうが後々のトラブルを含めて都合がいいかもしれません。

 

 

 

不動産仲介料がかからない物件、もしくは大家さんが掲示板などに直接広告を出しているときはそういった費用がかからない、直接契約になりますが、そのようなときでも最初にしっかりとした契約書で、色々な条件を銘記しておく必要があります。

 

 

 

口約束をしていると突然家賃の値上げや立ち退きを迫られた時に、こちらはなんの異議も申し立てられないという場合もあります。最初に多少のお金がかかったとしても正式に契約を交わしておいたほうがいいでしょう。問題が起こった時に間入ってもらう、調整して貰う手数料と考えてもいいですね。

 

 

 

そういった意味では手続きなどを代行してくれる不動産仲介業は、借り手にとっても貸し手にとってもメリットがありますし、交渉の手間を任せることができます。契約時には文面をしっかりチェックして、いい加減にサインはしないでください。もしいい加減にサインをしてしまったとしてもその契約は書面ですし、有効です。

 

 

 

その部分は不動産仲介業にお任せすることはできませんから注意ましょう。そしてこの契約の際に必要な費用が細分化されていて紛らわしいので、敷金、礼金、仲介手数料、その他の費用などについてしっかりと認識しておくことが必要です。後で返却されるタイプのものなのか、もしくはその時支払って戻らないタイプのものか聞いておきましょう。不動産の取引や賃貸契約に慣れていないと、そのままになってしまいやすいです。