不動産屋さんに案内してもらう。

不動産屋さんに案内してもらう。

賃貸マンションの人気が高まっておりますが、賃貸マンションにも様々な種類が有ります。

 

独身の方に向いているマンションもありますし、夫婦二人に向いているものから、子供もいる家族向きのものから更に2所帯でも住める大型のものまで千差万別です。

 

 

 

また、マンションでも高級住宅地にある高級賃貸マンションもありますし駅に近い便利さが特徴のマンションもあります。

 

マンションの賃料も立地や築後年数、建築物の程度などによってもかなりの幅があります。

 

 

 

上記のような色々な物件がありますので、賃貸マンションを探すときには初めに自分たちの希望する地域と部屋数及び賃料予算を決めてから仲介してくれる不動産屋さんに依頼する必要があります。

 

 

 

自分たちが希望する条件がはっきりしていれば、仲介してくれる不動産会社の担当者は、希望にあった物件を探してくれます。

 

幾つかの賃貸マンションの候補が見つかりましたら不動産屋さんの担当者の方が案内してくれます。

 

 

 

仲介してくれる不動産屋さんにはマンションの所有者から直接に依頼を受けている元請け業者と、業界仲間からの賃貸情報を仲介してくれるブローカー的な業者の2種類があります。

 

ですから、後者の場合には物件の視察の際に、見学するマンションの元請けの不動産屋さんと両方の業者が案内することが多くあります。

 

 

 

一軒目の視察で気に入ったマンソンがあればラッキーですが、決めるまでは何件案内してもらっても仲介手数料はかかりませんので、出来るだけ複数の物件を見学して比較して決める事をお勧めします。