都心部の賃貸マンション需要

都心部の賃貸マンション需要

賃貸にしても所有権にしても高層のマンションは地価が高い東京や大阪などに集中して建設されています。

 

これらの都心部や商業地のマンションにする理由は、何といっても職場に近いというメリットが一番になります。

 

東京などの都心部は大企業を含めて日本の主要な企業が軒をなして事務所を構えております。

 

 

 

また、政治の中心である国会議事堂や衆議院、参議院の議員会館も有りますし、霞が関には高級官僚が大挙している省庁が集中しています。

 

大手町や日本橋のように証券会社や銀行の本社などの金融機関の本部も数多く有りますので、日本の主要な大手企業や中堅企業も本社事務所を都心部の周辺に集中させています。

 

つまり、都心及び周辺に住む事で企業活動が出来ますので賃料が高くとも効率的な仕事ができます。

 

 

 

また、事業が国際化している時代ですからインターネットやスカイプを使って世界中の企業や本支店間の連絡を取ります。

 

海外とは時差と言う時間差がありますので、商社活動などでは深夜から早朝でも連絡のために会社の待機する事が多くなります。

 

 

 

この様な活動の効率を考えますと、勤務者たちも成績を上げるためには必然的に会社の所在地に近い所に位置するマンションを借りる事になります。

 

この様な意味で都心部の賃貸マンションが高額でも需要があると言う事の理由になっています。

 

勿論ですが、都内にある企業でも都心部である必要のない会社も多く有りますし、その様な会社に普通に勤務する方々は賃料に高い都心部は避けて、近県などの賃料が低い地域の戸建て住宅等を選択する方が多くなっています。